仕事上でまだまだ需要がある「電報」

af9980011646w (1)

電報というと、ひと昔前の連絡手段のように思えますが、ビジネスでは取引先に対し、電報を送る機会が多々あります。これは郵便でメッセージを届けるコミュニケーションツールの1つです。取引先の人が昇進・就任した時や不幸があった時に送ります。今、電話やメールでお祝いやお悔やみを伝える人もいますが、電報を利用したほうが丁寧な対応を行っているという印象を与えることができます。電報はビジネスの場に相応しいものといえるのです。

電報は電話で申し込むと思っている人も多いでしょうが、今はWEBから電報を申し込むことが可能です。必要事項を入力するだけで簡単に申し込みができるので、電話のように時間や場所を気にせずにいつでも申し込むことができます。

こういった電報サービスの中には法人専用のものもあります。法人専用の電報サービスの場合、一括申込みができる等、1年間に何枚もの電報を送る企業にとって便利な機能が備わっている場合が多いです。法人向けの電報サービスVERYCARD for Businessでも一括申込みのサービスがあり、一度に30通以上申し込む際に利用することができます。また、VERYCARD for Businessでは14時までに申し込みをすると、その日のうちに届けることができます。今日中に取引先に電報を送らなければいけないという場合でも、心配ありません。サプライズ便を利用すれば、17時までの申し込みで3時間以内に届けることも可能です。こちらの電報サービスはスムーズに電報を送ることができるだけではなく、他の電報サービスよりも安い価格で利用できるので、コスト削減にも繋がります。ビジネスで電報を送る場合は、ぜひVERYCARD for Businessを利用してみてください。

ビジネスでお祝い事やお悔やみ事がある際に電報を送ることは、ビジネスマナーの1つだと考える人も多いようです。ですから、会社関係の人に電報を送る時は便利なWEBの電報サービスを利用して送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA