企業の働き方改革を加速させる「RPA」とは?

A laptop and a circuit board tree, network concept

2016年から安倍内閣が提唱する「働き方改革」ですが、具体的にはどのような取り組みを行えばよいのか、頭を抱える経営者も少なくありません。最新技術を導入し「ルーティンワークを少しでも減らして、作業を効率化したい」「残業を減らしたい」と考える経営者はたくさんおられますが、まずどこから手をつければいいのかイメージし難いのが現状のようです。

そこで役立てていただきたいのが、RPA(ロボテッィク・プロセス・オートメーション)です。RPAとは、画面上で行う操作とルールに基づき、ロボットが自動的に作業過程を再現する技術のことをいいます。機会学習や人工知能を活用して、データ入力や書類作成などのさまざまなホワイトカラー業務を自動化することができます。

たとえば、経理の仕事でもある社員の交通費の申請確認。申請があったとき、どこからどこまで乗り、運賃がいくらかかったのかなど、金額が合っているのかネットで一つひとつ、情報を確認をして確かめなければなりません。あわせて、表にまとめる作業なども発生します。社員数が100人以上いた場合、このルーティンワークの作業量や、かかる時間がとんでもないことになります。RPAを導入すれば、今まで行っていた計算や情報の検索、資料にまとめるといった作業があっという間に片付きます。

今まで日数をかけていた業務をRPAにやらせることで、過剰に割かれていた人的リソースをより生産的な業務に充てられるはずです。手作業による「ミス」もロボットには存在しません。人間にしかできないクリエイティブな業務や、やりたかったけれど時間が取れなかった生産性の高い業務を進められるようになります。RPAをこれからはじめようと思っている方におすすめなのが、純国産のRPAツール WinActorです。導入する際に必要なマニュアルからシナリオ作成画面まで、すべて日本語での対応が可能です。導入に必要なプログラミング知識も不要です。ITに詳しくない方でも、すぐにはじめることができます。

RPAの導入により、本来全うすべき責任を果たせるようになり、個人の価値も上がります。当然、個々の生産性が向上することで、企業全体の価値もプラスになることでしょう。ぜひ、RPAを導入して今まで時間がかかっていた作業を効率化し、働き方改革に向けた取り組みを加速させていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA