インバウンドマーケティングの重要性

Businesswoman Working Dashboard Strategy Research Concept

今までの集客方法といえば、ダイレクトメールやテレマーケティングなど自社から消費者に対して積極的にアピールするものがほとんどでした。しかしインターネットを使って商品やサービスに関する情報を簡単に手に入れられるようになったことで、消費者自身が情報を取捨選択しやすくなり、こういった不特定多数に対するアピールを煩わしく感じる消費者が増えました。そのような状況もあり、現在では消費者から自発的に興味を持ってもらうためのインバウンドマーケティングが注目されています。

インバウンドマーケティングにおいて重要なのはWEBコンテンツ。集客という観点のないホームページの場合、会社そのものや商品・サービスに関わる情報しか掲載されていないこともよくありますが、それでは多くの消費者の興味を引くことができません。大切なのはこちらが消費者に届けたい情報ではなく、消費者が欲しいと思う情報であるかどうか。消費者にとって価値のある情報を適切なタイミングで提供することで最終的に顧客になってもらうというのがインバウンドマーケティングの流れです。

ただ、価値のあるコンテンツを作り続けるのはなかなか簡単なことではありません。記事制作が追いつかずコンテンツの生産不足を招いてしまったり、アイディアが枯渇してコンテンツが均一化してしまったりとさまざまな問題が出てきます。それを解決してくれるのが広報のプロであるPR会社。中でもカーツメディアワークスという会社では、さまざまなジャンルで実績を積んできたライター陣が取材を通し、幅広い切り口から中立的な目線でコンテンツ制作を行い、消費者から継続的にアクセスしてもらいやすいホームページへと変えていきます。

WEBメディアが主流となっている今、新規顧客を獲得するにはインバウンドマーケティングによる話題作りが欠かせません。そこからテレビや新聞で報道されマスコミに露出し、またWEB上を賑わせる。こういった好循環を作ることができれば、確実に集客にもつながっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA