無線LAN暗号化の重要性

tg0010011891x

スマートフォンが普及し、無線LANに接続してインターネットなどの通信を行うことが一般的になりました。便利な半面、セキュリティの設定をしていないと通信内容が知らないうちに盗まれているということがあります。

こうならないように無線LANのセキュリティは強化しておくことが大切です。一般的なセキュリティ対策としては通信の暗号化です。アクセスポイントとなる親機とクライアントとなる子機との通信を暗号化することで秘匿することができる技術です。

この暗号化にはいくつか方法があり、最も有効と言われているのが「AES方式」です。この方式は旧方式の「WEP」の脆弱性を見直した技術で、現時点で解読手法はないと言われています。この方法ではアクセスポイントとクライアント間で暗号キーの交換ができるため、セキュリティが非常に強固となっています。

外出先などでアクセスポイントがフリーで提供されている場所がありますが、便利な半面こういったセキュリティは低いと認識しておくべきで、容易に接続して大切な情報が盗まれないように個人個人が意識を高めておくことが大切です。特にスマートフォンではパソコンのように端末側のセキュリティが弱いため、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA