義務化されたストレスチェックがスマホからもできるサービス

af9930029255w

ストレスチェックという言葉を耳にする機会が増えました。これはストレスに関する質問票に労働者が記入し、それを集計・分析する事で自分のストレス状態を調べる簡単な検査です。労働安全衛生法が改正され、2015年12月から労働者が50人以上いる事業所では毎年1回ストレスチェックを全ての労働者に対して実施する事が義務化されました。

労働者が自分のストレス状態を知る事でストレスを溜め過ぎないように対処し、高ストレスの場合は医師からのアドバイスや仕事の軽減などの措置を事業者に行ってもらいます。これらの対策によってうつなどのメンタルヘルス不調を未然に防止すると共に、安心して働き続ける職場環境の実現と企業の発展が期待出来ると注目されている仕組みです。

義務化されたストレスチェック制度ですが、実は受ける・受けないは労働者それぞれの自由です。ストレスチェック制度の進捗段階でも本人の意思によって、受けるかどうかを労働者自身が決める事が出来ます。しかし、集団ごとに集計・分析されたデータは組織としての課題の把握に大いに役立つため、より多くの労働者に受けてもらうのがベストです。労働者に協力を求めるには、ストレスチェックの重要性や目的を明確に伝えるだけではなく、時間をかけず簡単に答えられるようなシステム作りも必要となります。

NTTデータが提供している義務化対応ストレスチェックサービスであるHealth Data Bank SCはスマートフォンにも対応しており、時間や場所に縛られる事無く労働者が回答出来るようになっています。外出する社員が多い職場や社員数に対してPC台数が限られている工場などの職場においても、スマートフォンに対応している事で実施率を高められます。スマートフォンによる回答はアプリケーションのインストールも不要で、回答途中での一時保存も可能なので利用者のペースでストレスチェックのアンケートが実施出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA